気になるアルバイト

ヘアスタイラ|使い方

ヘアスタイラの使い方はいろいろあるのですが、8月5日放送の『おネエMANS(オネエマンズ)』でヘアデザインのカリスマ、タカシこと平澤隆司さんが、あややのエアモノマネでブレイクしているはるな愛ちゃんをモデルに紹介していたヘアスタイラのアレンジは、ロングの人でも簡単にショートやボブに変身できる、簡単イメチェンのテクニックでした。

まず、トップの毛を少しとり分けておきます。ブロックに分けると言えばよいでしょうか。その髪はあとからセットするので置いといて。残りの髪全体を後ろで1つに結ぶように束ねます。この髪をゴムなどで結ぶのではなく、ヘアスタイラの輪の中に入れ、毛先を入れ込むようにしてクルクルと外巻きになるように巻いていきます。ギュッと最後まで巻けたらヘアスタイラをパチンと止めます。ここまで出来たら50%は完成。クルクルとヘアスタイラで巻いた髪の束を頭に固定するように2〜3本のピンで留めます。サイドの髪もピンで留めておきましょう。あとは、残しておいたトップの髪の毛を下ろします。これだけでも、ほぼボブヘアになりましたね。ここからボリュームや動きを出すためにコテ(アイロン)やカーラーを使って毛先やトップをセットしていきます。このへんは個人のセンスや感覚ですのでご自由に、鏡を見ながらセットしてもらえればよいと思います♪

ヘアスタイラでアレンジすれば、まとめ髪も簡単なので浴衣の髪をセットするのにもいいですね。髪留めをアレンジすると洋風な結婚式の出席の髪型にもなりますし、ゆかたに合うような和な髪型にもできます。ヘアスタイラは1000円ほどの商品でコスメショップなどで販売されていて簡単に手に入りますし、お近くにコスメショップが無い方は通販のショップでも購入できますよ。ロングヘアを切らずにショートやボブにできる魔法のアイテム、ヘアスタイラの使い方をぜひ習得してくださいね。ヘアスタイラとともに紹介されていたのはツバキ油関連グッズの「ツバキ油ブラシ」と前髪を留めアトを残さない「前髪とめ〜る」でしたね。今後もタカシ注目アイテムに目が離せませんね。

髪の日焼け|ほてりケア

日焼けのほてりケアは大切ですね。肌のダメージを考えてパックや美白をする方も多いのではないでしょうか。髪や頭皮の日焼けもほてりケアしていますか?ヘアスタイラの使い方を伝授しながらタカシが伝授してくれた頭皮の日焼け処置があります。クールダウンにぴったりなそのアイテムは「スカルプシャワー」です。8月5日放送の『おネエMANS(オネエマンズ)』でタカシが紹介していた製品はニチリのスカルプシャワートニックでした。ニチリのスカルプシャワーは2000円ほどでスプレー缶のようになっていて、頭皮に押し当てると冷たい液がプシューと噴射されて頭皮をクールダウンできます。また頭皮の脂が気になる方にもオススメで血行がよくなり発毛も期待できるそうですよ。

ヘアスタイラ