気になるアルバイト

「敬老の日」のプレゼント

「敬老の日」の贈り物)は、何をプレゼントしますか?あるランキング調査では、家族と楽しめる食事会や旅行が人気で、花や現金、孫の手作りなどもありました。やはり毎年人気なのは、健康関連の家電や食品、肌着のようです。贈るものには、距離も関係しているようで、遠くに住む家族へは高島屋や伊勢丹、三越などの百貨店や郵便局などから有名な和菓子や高級なお茶などを送る方も多いようです。早めに申し込むと送料無料のキャンペーンをしているお店もありますね。近所に住む家族には、もう少し手軽なプレゼントが人気のようです。イオンなど大型スーパーならメッセージカードも無料でついていたり、お小遣いをやりくりするお孫さんにとっても手軽にプレゼントを選べてお財布に優しいですね。もっと手軽に電話一本で花や電報が贈れる花キューピットなどのサービスもありますし、パソコンなら楽天などで美味しい「お取り寄せ」をプレゼントすることもできます。何をプレゼントするにしてもギフトには心のこもったメッセージを添えたいですね。何にするか迷ってるなら、オススメは体に優しい絹の靴下はいかがですか?高価すぎず、肌に気持ちよく、健康になれる、贈る人にも贈られる人にも嬉しいベストな贈り物ですね。


寿♪♪敬老の日特集【送料無料!】母・父の日には大好評 『女性用 お肌にやさしいシルクの健...

冷えとり健康法

「冷えとり健康法」をご存知ですか?どんな病気でも治る、万病に効くという「冷えとり健康法」は元、医師だった進藤先生が推奨している健康法です。薬を飲むわけではないので副作用の心配もないですし、高額な治療費がかかるわけでもありません。ただ、正しい素材の靴下を正しい方法で履きましょうという健康法です。詳しくは『万病を治す冷えとり健康法』(進藤義晴著)にかいてありますが、簡単にご紹介しますと、身に着けるものの素材は天然のものがよいそうです。絹、綿(コットン)、麻など。靴下もはじめに絹の靴下を履きます。絹は体の毒を排泄する助けをしてくれるそうです。次に綿のソックスを履きます。効果が高いのは、絹、綿、絹、綿・・・と交互に靴下を重ね履きすることです。そして、はじめに履く絹の靴下は五本指が好ましいとのことです。この靴下を履くだけの健康法で万病が治ったり軽くなったりするのであれば、敬老の日に関係なく、家族全員ではじめたいですね。

絹の靴下

絹の靴下がなぜいいのか?靴下の重ね履きになぜ効果があるのか?それは、絹には解毒作用があるようです。そもそも蚕(かいこ)がつくる「まゆ」には、汚れを外に出し、必要なものを取り込む力があるのだそうです。また、自然素材の靴下を重ね履きすることで「半身浴」をしている様な状態になるそうで、つまりは健康にとてもよい状態の「頭寒足熱」を1日中行えるわけですね。絹の靴下は高いと言うイメージがありますが、重ね履きを考慮した絹と綿の4足セットの商品でも2000円台からありますし、冬にうれしいウール素材も加わったセットでも5000円ほどです。もう少し予算のある方はシルクのパジャマもよいですね。人生の大半は睡眠時間でもありますし、快適な睡眠は一番の健康の元です。大丸などの百貨店や楽天などのネットで探せば1万円前後で購入することができます。お手入れが面倒かなと心配されがちですが、洗濯ネットに入れて洗うこともできますし、気になる方は専用のおしゃれ着洗いの洗剤もありますので、あとは洗濯機にまかせましょう。

五本指の靴下|赤

五本指の靴下の赤が人気だそうです。敬老の日に「赤」のもの、赤い下着などを贈った経験のある方も多いのではないでしょうか?特に、申の年に赤い下着を贈ると病気をしないとの言い伝えがありますので、申年にはたくさんの赤い下着を見かけました。これは、言い伝えだけでなく、科学的にも直接、赤い布を肌にまとうのは健康によいそうです。ですのでサルの年に限らず、健康でいてほしい家族に赤いものをプレゼントしたいですね。年配の方の中には「赤い」のは少し恥ずかしいなどと感じる方もいらっしゃるようです。恥じらいの文化をもつ日本人ならではですが、本当は色と年齢は関係ないので、元気になれる色を楽しんでほしいですね。とは言ってもプレゼントですから喜んでもらいたいので、赤い靴下なら大丈夫ではないでしょうか。しかも重ね履きするのですから人に見られることもありませんし、健康によい五本指の靴下の赤をぜひプレゼントしてあげたいですね。人生の大先輩にはいつまでも元気でいてもらいたいものです。

敬老の日