気になるアルバイト

新型うつ病|原因と症状

新型うつ病の症状は、普通のうつ病とほぼ同じです。気分が沈んだり不安になったり、イライラしたり、不眠や食欲不振など。頭痛や吐き気がすることもある。ただ新型うつ病の場合は、この症状が出るタイミングがあります。状況や環境によってうつ症状がでたり、元気に過ごせる時間もあります。とくに新型うつ病の人に多い発症のタイミングは「仕事中」です。仕事に関係する朝の身支度の時間や通勤途中など仕事となると発症することが多いようです。仕事の日はうつになるけど、休日は元気いっぱいに遊ぶことができる。ここまで聞くと、ただやる気のない人のように感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、「病」と名称がついているように本人にとっては辛い、心の病なのです。新型うつ病の原因は人さまざまですが、30代の男性に新型うつ病の発症が多いことから仕事でのストレスが原因だと言われています。

新型うつ病|対処法

新型うつ病の対処法として新型うつ病の本人はどうしたらよいのだろうか。もし少しでも「うつかも?」と感じたら病院へ行ってみましょう。精神科や心療内科の病院のリストの本もありますし、ネットで口コミを調べて安心できる病院を探すこともできます。大切なのは自分が「うつ」なのか否かを知り、「うつ」だと分かったら治療をするということです。「新型うつ病」もうつの一種です。うつは「心の風邪」などと表現されることが多いですが、風邪は万病の元、軽んじると死につながる危険も含んでいます。ぜひ自己判断せず、病院をたずねてください。「私がうつになるわけがない」と思っている人ほど危険信号です。うつ病は風邪と同じように誰しもかかる可能性がある病気で治療すれば必ず治る病です。精神科に抵抗がある日本人はまだまだ多いようです。そんな方はカウンセラーにカウンセリングを受けてみるのも1つの方法です。人は話すことで気分がスッキリするものです。日ごろの鬱憤(うっぷん)や愚痴などなんでも構いませんので話してみましょう。心身ともに問題解決の糸口が見つかるかもしれません。医者はもちろんカウンセラーには守秘義務がありますので安心して受けてみてください。自分にあった新型うつ病の対処法をみつけて1日でも1分でも早く少しでも気持ちが軽くなるといいですね。

新型うつ病|対応

新型うつ病の対応の仕方で正しい方法は?新型うつ病の人が部下や後輩、家族に居る場合はどうしたらよいのだろうか。通常のうつの人は「申し訳なさ」のような感情が周りにもつたわり会社や家族にも理解されやすいそうです。しかし、新型うつ病の場合は、仕事に行く日だけ調子が悪くなり、休みの日は元気で楽しく遊べるので理解されにくい場合が多々あります。しかし、新型うつ病の人もウソではなく、本当に頭痛や吐き気や心の重さに苦しんでいます。家族であれば、せめることなく一緒に原因になっているストレスを解消する方法を考えてあげましょう。知識不足で対応に自信がないという方は一緒に病院に行ってあげましょう。会社の同僚であれば、家族ほど踏み込んで対応できないでしょうから、新型うつ病の本人の自宅や会社から近い病院を探してあげるなど、苦しさを理解したうえで協力してあげてください。ここで注意点としては、本人が新型うつ病である認識がまだない時期に、精神科などを調べておすすめするのは逆効果です。本人に自覚してもらうのが先ですね。新聞記事や本の話題から新型うつ病の存在を知らせてあげるのもよいかもしれません。

新型うつ病|診断(チェック)

個人でもできる簡単な新型うつ病|診断(チェック)としては、1.早朝に目が覚めてしまい、すぐに心配ごとや不安がこみあげてくる。2.気分がイライラしたり、理由はないが悲しくなったりする。3.朝の身支度や通勤途中に、頭痛や吐き気がする。この3つの症状に当てはまるなら「うつ病」の可能性が高いですし、1の症状が強いならうつかも知れません。そしてこの3つの症状にタイミング(曜日や環境)が左右するなら「新型うつ病」であるかもしれません。どちらにしても、少しでも気になったら病院を受診しましょう。
うつ病の診断やチェック方法についてより詳しく見ていきますと、うつ病は症状や病気になる過程によって大きく4つに分類されます。「メランコリー型うつ病」「双極性障害」「気分変調症」「非定型うつ病」。「新型うつ病」とは「気分変調症」「非定型うつ病」に該当すると話すのは防衛医科大学校病院副院長であり「日本うつ病学会」理事長である野村総一郎さん。代表著書には「うつ病の真実」「専門医が教えるうつ病」などがあります。つまり新型うつ病と呼ばれていますが以前からあったうつの症状というわけですね。では、基本的なうつの診断はどうようにされるのでしょうか?現在では診断マニュアル(米国精神医学会)の「DSM」を参考にするのが一般的だそうです。「DSM」とは、”Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders” の略で日本語の正式な訳は定まっていなく「精神障害の診断と統計の手引き」や「精神疾患の分類と診断の手引」、「精神疾患の診断・統計マニュアル」、「精神疾患診断統計マニュアル」などと呼ばれています。診断方法は、各疾患においてA・B・Cの診断基準が示されていて、「AからCの全てが当てはまる場合」にその精神疾患であると診断されるようです。A・Bは具体的な病像が列挙されていて、C基準は「その症状が原因で職業・学業・家庭生活に支障をきたしている」となっています。チェック方式なので、これでは仮病も使えてしまうという意見もあるようですが、医者の偏見や感情が入らず公平な診断ができるというメリットもあります。

新型うつ病